自宅を売っても住み続けられるリースバックを利用しました!

お客様の声 (2015/08)

住所大阪府門真市物件戸建て
年齢60代家族構成本人・妻・こども1人
売却後の対応自己破産解決までの期間約4ヶ月
平成7年に旧家をフルリフォームした住宅に家族で住んでいましたが、60歳の定年退職を期に、契約社員に代わり収入が激減。
支払いや生活の為に他の金融機関からも借入しながら、自転車操業で数年ローンを支払っていたのですが、債務が膨れ上がり…
まだ10数年続く住宅ローンの支払いが困難だと判断し、自己破産を考え始めました。自己破産の為には自宅の売却は必須とのことだったので、弁護士の先生からアースさんを紹介いただきました。
ご近所付き合いもあり「家を売却=引越しをしなければならない」ことが悩みの種だったのですが、賃貸と言う形態で今の家に住み続ける事ができ、周囲にも噂が立つことなく、わたし自身の肩の荷も降りてほっとしました。

アースからの回答

この度はご利用いただき、ありがとうございました。
本件は弁護士からのご紹介で弊社にて任意売却をさせていただく事になりました。
長年戸建てでお住まいだった為、家財もたいへん多く、別に住まいを探すとなってもそれなりの広さが必要でした。
また賃料面や犬の飼育、高齢での契約制限があったりと、賃貸への引越しとなるととてもハードルが高い状況でしたので、そのまま住み続けることができるリースバックをご提案させていただきました。
結果、債権者との交渉で販売価格を下げる事に成功し、弊社で買取することができたため、周辺相場よりも低い賃料で住み続けることができるようになりました。
高齢の方やお子様の学校を転校させたくない、という方には、自宅を売っても住み続けられるリースバックがおすすめです。
引越しをご検討される前に、一度ご相談ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です