家庭と取締役を両立・イクメンパパ代表

取締役部長 垣 尚孝

1979年生まれ。大阪府出身。
関西大学法学部卒業後、ノンバンクに勤務。
不動産事業者向け担保付融資業務に従事する中で、不動産が再生・開発されていく様に
触れ、自身も手掛けてみたいという思いから不動産業界へ。

2011年、アースコンサルティングオフィスに参画。
2017年6月、同社取締役に就任。

1日のタイムスケジュール

9:30   ミーティング
11:00  買取相談のあった物件の現地調査、内覧
12:00  仲介業者とランチ
13:00  購入予定物件の買取金額試算
15:00  仲介業者へ訪問
16:00  取引銀行へ、融資調整打ち合わせ
17:00  自社物件のリフォーム進捗確認
18:30  退社(業者交流会に参加することもあります)

お子様は何人いますか

娘が2人います。

こどもが生まれる前と今とで働き方に変化はありましたか

娘が学校に通うようになってからは学校行事になるべく参加できるよう、仕事の調整をうまくするようになりました。またこどもだけでなく、妻が体調不良になる場合もあるため、そのときは早めに仕事を切り上げたり、時には休みを取ることもあります。有給休暇を利用しやすい環境なので、自己責任で仕事さえきちんと出来ていれば、家族旅行のために大型連休も取ることができ男性でも家庭との両立はしやすいです。

今の仕事のやりがいは何ですか

自分の手掛けた不動産に対して、喜んでいただく方(買主様)の姿を直接見られるところでしょうか。不動産は大きな資産となるだけに、その人の人生にも多大な影響を与えます。
買主様にとって、その後の生活を豊かにする価値ある不動産を提供できたことでわたしも自分自身の仕事に対して大きな価値を感じることができ、やりがいを感じます。

アースの好きなところを教えてください

自分の責任でいろんな仕事の幅を持たせてもらえるところ。
あとはチームワークが良いところでしょうか。周りと比べるのではなく、自分で目標設定をし、それに対して会社が評価をする制度を取り入れているため 各々が自分の得意を伸ばすことができます。苦手をフォローしてもらう代わりに、自分の得意で周りをフォローする。そうすることによって、若手社員も生産性とチームワークを高めながら自信をつけることができています。

プライベートはどのように過ごしていますか

旅行、おいしいものを食べる、おもいっきり遊ぶ

最後に一言

この仕事は常に時代を先読みし、自分のアクションが成果として明確に表れるのでとても面白いです。また社内だけでなく同業者様やお客様とも関わる機会が多いため、日々幅広い情報をインプットしながら仕事を通じて自分を成長させることができます。ただ言われたことをする「作業」ではなく、自ら考え行動し結果を出す「仕事」をしたい方は、ぜひ弊社で一緒に頑張りましょう。

その他の先輩