相続土地国庫帰属制度について

令和5年に変更!不動産の相続に関する「相続土地国庫帰属制度」って?

こんにちは!広島勤務のSです。
先日、地域情報誌に気になる記事が載っていました!

なんと、令和5年&令和6年に不動産の相続に関する制度変更があります。
今回は令和5年4月27日に始まる「相続土地国庫帰属制度」についてお伝えいたします。

相続土地国庫帰属制度って何?

この制度は、相続で取得した土地を国庫に帰属させる(所有権を国に移転する)制度です。

土地を相続した人が不要な土地を手放すことができる、つまり!いらない土地なので国に返します!という制度になります。
(この制度は、売買などによって自分で取得した土地については対象外となります。)

制度を受けるための要件や相続人の負担金

要件は、対象になる土地には建物がないこと、危険な崖がないこと、他人による使用がないこと、特定有害物質により汚染されていない土地などがあり、法務局が審査します。

・・・意外と、要件のハードルが高いですね。

また費用は相続人が負担する事になります。
負担金は、原則20万円とすることが法務局より発表されています。

現在、制度の開始に向けた準備が進められているようです。
相続土地国庫帰属制度に関する詳しい情報は、法務局のホームページをご確認くださいね!
https://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00454.html

【無料】不動産のお悩み電話相談実施中

弊社では不動産に関するお悩みの電話相談会を実施しております。

まずは、電話かメール、LINEで「無料相談希望」の旨をお伝えいただけますと、お電話にて初回30分無料でお話を聞かせていただきますので、ぜひご活用ください。

※30分以降は、30分あたり5000円の相談料が発生します

※無料相談内でご満足いただけた場合は、口コミ投稿もしくは寄付をお願いしております

============

<お問い合わせ方法>

株式会社アースコンサルティングオフィス
一般社団法人不動産あんしん相談室

電話:0120-619-099(通話料無料)
メール:お問い合わせフォーム
LINE:不動産あんしん相談室「LINE」お友達登録