即戦力のある中途採用社員にも新人教育をする理由

明けましておめでとうございます!藤木です〜☆

あっという間の冬期休暇でしたが、 私は主人と娘の3人で過ごす時間を楽しみ

お互いの実家に帰省したり、少しゆっくり過ごしたり…の6日間でした(^^)

 

私は、営業サポートはじめ、人事・労務・経理などの社内業務にも携わっているのですが

昨年からは特に「社員教育」に力を入れてきました。

 

中でも営業・事務ともに新入社員が増えたということもあり、

ここ数ヶ月は定期的に「新人教育」を行なっています。

 

というわけで、今回は少し弊社の新人教育について

ご紹介させていただきますね^^

 

新人教育に力を入れる理由

IMG_9586

 

 

 

 

 

 

 

弊社のスタッフは、ほとんどが中途採用者。

今まで培ってきた経験や能力をしっかり活かしていただく

即戦力メンバーが揃っているのですが、

その前歴や年齢、社会人経験の深さは正直バラつきもございます。

 

ただ、弊社が目指すお客様・取引先様へのサービス精神の真髄は、

『どの方に対しても、担当者によるサービスの質の高さにバラつきが出ない事』

 

要は、営業と事務一体のチーム体制でハイクオリティな業務をしっかり遂行し、

どの案件・お客様にとってもご満足いただける事に重きを置いております。

 

ですので、社会人としての基礎知識や振る舞い、弊社が行っている業務の知識や対応力において、

入社時の各スタッフのバラつきや未熟な部分を改めて定期的に教育を実施することで補い、

少しでも早期なレベルの底上げを図っております☆

(あ、ちなみにその講師は僭越ながらわたくし藤木が担当いたしております★笑)

 

どんな新人教育をしているの?

「新人教育」では、いわゆる秘書検定に出てくるような

一般的なマナーや報連相、仕事に対する課題への向き合い方や解決力について

しっかり学んでいただきます。

 

これってみんな「そんなの、当たり前」という様な内容なのですが、

いざ実践できているのか?となると、そうではないんですよ!

 

報連相や課題解決力というのは、当然ながらも適切にやりこなすのは難しいもの。

 

でも、これが出来る・出来ないでは、仕事の完成度や円滑さに大きな違いが生まれ、

ひいてはお客様やお取引先様とのスムーズなやり取りに影響が出るため

社会人歴を重ねた今だからこそ、再度1つ1つを見つめ直し落とし込んでもらっています。

 

現場で学べるからこそのメリットがある

さらに、その新人研修では、出来るだけ弊社での実例に落とし込みながら説明し、

具体的なイメージをもって吸収して貰えるような工夫をしております。

 

「不動産に関する相談」といっても、みなさん状況も違えば

立場も違うので、マニュアル通りというわけにはいきません。

 

そこが、社外で研修を受けに行くのと、

社内で教育を実施する大きな違いでもあるのかな、と感じています。

 

他にも社内で行っている教育や活動がありますので、

また次の機会にでもお話させていただきますね^^

 

こういった1つ1つの積み重ねを大事にして、

スタッフ全体で良質なサービスをみなさまに提供し続けられる様、

今年も更に頑張っていきたいと思います☆

 

長くなりましたが、2018年も皆様の生活がより良いものになりますよう

アース一同、全力でサポートさせていただきます^^

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です