アースコンサルティングオフィス口コミ

開札期日が迫っているお家もご相談ください

お客様の声 (2018/08)

住所大阪府寝屋川市物件戸建て
年齢60代家族構成本人・母親
売却後の対応自己破産解決までの期間約4ヶ月
半年も前から他社に任意売却を依頼しており、自宅の内覧にも何人もの方が訪れましたが、そこから先の具体的な売買の話には進まないまま、時間だけが経過していきました。
そして遂に競売開始決定となってしまい、困っているところに、沢山の業者からダイレクトメールが家に届き始めました。
その中から、母が見つけたアースさんのパンフレットを見て、「他社に相談・依頼していてもOKです!」という文言を見て、母と共にアースさんに相談することを決意。
お話をする中で丁寧な対応や親身になって話を聞いてくれるところから、任せていた業者を断り、あとはアースさんにお任せしようと決めました。
結果、開札日までに無事取引を終えることが出来ました。
あの時、アースさんに相談・依頼して良かったと母と2人、本当に感謝しています。

アースからの回答

この度はご利用いただき、ありがとうございました。
ご依頼を受け、すぐに弊社とお取引のある買取業者様に内覧をして頂き、購入希望も頂くことが出来ました。
それから価格や売買代金の配分の交渉を進めておりましたが、入札1か月前になって役所の「参加差押」が入ってしまいました。
競売開始決定が出ると、市役所等にも通知されますので、滞納している税金(固定資産税や市府民税、国民健康保険料など)があれば、役所は裁判所に対して、配当を求める手続きをとります。
落札代金の中から少しでも回収しようと、各役所が名乗りを上げてくるわけです。
これを「交付要求」と言います。
さらに、滞納額が大きい場合は役所による「参加差押」で任意売却前に不動産を押さえられてしまうこともあります。
今回のケースではこの「参加差押」が入ってしまった為、解除する為に役所との交渉を行う必要が出てきました。
滞納額が総額350万円以上という多額だった為、中々折り合いがつかず、さらに開札日も迫ってきており、時間的にもタイトな中、粘り強い交渉を続け、何とか交渉成立となり、無事開札日までに成約・取引完了となりました。
良い結果になり、担当としてもほっと致しました。

競売になってしまったからといって、諦めずに是非一度ご相談下さい!
弊社では多くの実績を重ねてきました交渉のプロがおります。
共に解決への第一歩を踏み出しましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です