アースが社員教育に力を入れる理由

こんにちは!労務・経理メイン担当の藤木です☆

最近どんどん暖かい日が急激に増えておりますね!!

三寒四温どころではない、春の陽気具合…☆

気持ちも何だか上向きになりつつも、年々ひどくなる花粉症はツラいですが*

 

さて、今回も私からは社員教育に関する活動内容をご紹介したいと思います。

今年1月より、ファイナンシャルプランナーの方を講師にお迎えし、

社内スタッフ対象にマネーセミナーを行っております。

 

どうしてマナーセミナーをおこなう必要があるの?

元々私自身、人生における資金繰りやライフプランの設計に興味があり、

特に結婚し、子供をもってからは他人事とは思えませんでした。

 

家計の管理や生計を立てることが、直接自身や家族の問題になるので、

資産計画や保険などある程度知識として学んだうえで、

しっかり向き合って考えたいな、と思っていたところでした。

 

 

さらに弊社は不動産業ですので、非常に大きな資産を取り扱う仕事です。

 

お客様に対して、単に目的となる不動産の売買価格や賃貸料金の話だけでなく、

必要な場合は、借入ご返済や確定申告にまつわる話、相続対策や節税など、

総合的にコンサルティングとしてサポートさせて頂いておりますので、

マネーセミナーのお話はスタッフ各自業務スキルの向上にも繋がるわけです。

 

どんな講習を受けているの?

1月は、基礎マネーセミナーということで、

いわゆる一般的な人生設計における教育や老後の資金、貯蓄のことなど、

改めて具体的な仕組みや数字について勉強しました。

 

また先月は、老後資金準備の方法と保険活用の選択肢のお話で、

どんどん減少する年金受給額の中、

老後資金を平均どれくらい自身で用意しなければならないのか

それに対して賢く・バランスよく貯蓄する・増やすにはどの切り口があるのか、について学びました。

 

 

次回は来月になりますが、弊社の福利厚生制度の1つでもある、

確定拠出年金制度について、賢い運用例などを研究し理解を深める予定です。

 

公私ともに、良い勉強の場になっている様で、参加しているスタッフからは高評価を得ております。

 

社員教育に力を入れる理由

このセミナーのプラス面としては、各テーマに対する学びも勿論なのですが、

これらの機会を通じて、スタッフ自身が、ファイナンシャルプランナーはじめ、

公的な資格取得にさらに意欲的になっている部分です☆

 

受講して「さらに勉強したいな!」という自発的な気持ちは大変重要だと思います。

 

また、これは私自身が実感したのですが、

将来に対する<不安>や<焦り>とは、

まずは「知らない」ことからやって来るのだな、と思いました。

 

 

弊社に相談にこられるお客様は、任意売却や相続など、

「自分はどうすれば良いのか全く分からない」からこそ、余計不安なのであり、

誰か教えてほしい・助けてもらいたい、とすがる思いでコンタクトくださるのだと思います。

 

そういった方たちにしっかり向き合って対応するためには、

やはり正しい知識と情報、そして前向きで良い方向にしっかり寄り添って導く技術が必要だと思いますので、

私自身、業務に対する姿勢含めて反響対応にも活かしていければいいな、と思います。

 

これらの取組み1つ1つが、会社として高品質で温かいサービスへと繋がっていくよう、

今後も継続していきたいと思います☆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です