不動産あんしん相談室

お客様の声


別居中の夫とも顔を合わせることなく、進めていただきました!

お客様評価 

4.5

 お客様の声 (2017/09)

50代女性I様

別居している夫がローンを滞納しており、突然裁判所から自宅の競売開始通知が届きました。
住宅ローン自体は夫の名義でしたが、自分も連帯保証人になっており、かつ夫と共有名義になっていたため、今後の支払いなどについてどうなるか不安で困っておりました。
そんな時に、アースさんからチラシが届き、相談のお電話をしました。
別居中ということもあり、なるべく顔を合わさなくてもいいようにアースさんが間に立って取引を進めてくださいました。
自宅に住み続けたいという希望も伝えたところ、親族間での購入を提案され、アースさんが親族への声掛けをしてくれたおかげで母親が物件を購入してくれることになりました。
複雑な部分も多かったと思いますが、配慮ある対応をして頂き、トラブルにもならず解決することが出来ました。

 アースからの返答

この度はご利用いただき、ありがとうございました。
今回の件は、ご夫婦間の事情により当社が間を取り持つ形で取引のお話を進めさせていただきました。
間に立つということで、双方にきちんと同じお話をする必要がありましたので、いつもに増して細かいところに気を配りながら一つ一つ着実にお話しを進めさせて頂きました。
今回は直接お母様が買い取ってくださるとのことで、ご本人様にとっても安心できる結果になったかと思います。
住所 大阪府寝屋川市 物件 戸建て
年齢 50代 家族構成 夫・本人
売却後の対応 残債務を分割で少額ずつ支払 解決までの期間 約3ヶ月